当社からのご案内

Information
お知らせ
当社からのご案内

梅雨時期の交通事故抑止

梅雨時期の交通事故抑止

梅雨時期における交通事故は、路面が濡れているためにスリップしやすく、視界が悪くなることが原因で発生しやすい傾向があります。そこで、交通事故を抑止するためには、以下のような対策が考えられます。

①車両の点検

車両の点検を徹底することが重要です。タイヤの溝の深さを確認し、必要に応じて交換することで、スリップしにくいタイヤを使用することができます。また、ワイパーゴムの状態を確認することで、視界を確保することができます。

 

②運転中の注意力を高める

運転手自身の注意力を高めることが大切です。梅雨時期は、天候が急に変わることが多いため、天気予報を確認することが必要です。また、スリップしやすい場所や、水たまりがある場所に注意を払うことで、事故を防ぐことができます。

 

③交通ルールの遵守

梅雨時期は、視界が悪くなることが多いため、速度を抑えることが必要です。
また、前方の車両に対して適切な車間距離を保つことで、急ブレーキをかけることなく事故を回避することができます。

 

梅雨時期の運転は「視界の悪化」「路面の悪化」「聴力の悪化」の3点を意識して、注意深い運転が必要です。

また、周囲の車や歩行者も同じく状況が悪化していることも理解する必要があります。

「スピードを出しすぎない」「ハイビームを点ける」「ブレーキを早めに踏む」など、普段以上に安全運転を心がけましょう。

 

関連ニュース

2024年7月10日当社からのご案内
交通安全活動に参加しました
2024年7月8日当社からのご案内
フランチャイズ加盟募集ページ「フランチャイズニュース」更新しました
2024年7月2日当社からのご案内
夏季休業案内