静岡店インタビューOWNER INTERVIEW

静岡店インタビュー

半年間の保留を経て、FC加盟。
ラーメン屋経営者が参入を決めたワケ

「車が好きなんです。30〜40年前の話ですが、『ジムカーナ』というモータースポーツが流行っていて、広い駐車場などに作ったコースを車で走ってタイムを競っていましたね」(高塚)

 そんな高塚の最初のキャリアは、大手自動車メーカー。趣味を兼ねた職場でそれなりにやりがいを持って働くも、毎日のルーティンに次第に違和感を覚えます。その頃はじめたのが、知人が営む飲食店でのアルバイト。昼間は自動車メーカーに勤務しながらのダブルワークでした。この経験が今後の高塚の人生にとって大きな転機になるとは知らずに……。
 「毎日同じことを繰り返す自動車メーカーの仕事と対照的に、飲食店は毎日いろいろなお客さまと出会えるので飽きないんですよ。とても刺激的でした」(高塚)

 ハードな生活にも関わらず、新鮮な業務に夢中になった彼は一念発起! なんと、15年以上も務めた自動車メーカーを退社し、飲食業界に身を置くことを決意したのです。38歳の出来事でした。

 高塚が選んだのは、飲食事業を手がける地元・静岡県の会社。ラーメン屋の店長として第2のキャリアをスタートさせたのです。現場から本部に異動し、店舗や商品開発など、飲食業界の“いろは”を学びました。そして入社から10年経った頃、高塚に自身も想像しなかった考えが芽生えます。それは「独立」でした。
 「もともと独立志向はなかったんですが、仕事を進めていく中で会社の方針と自分の考え方にズレが生じてきたんですよね。それで悩んでいたときに女房が、『だったら自分でやってみたら』と背中を押してくれて、独立に踏み切りました」(高塚)

飲食以外の選択肢を求めて、FC加盟を検討

「居酒屋や焼肉屋など、様々な飲食店を経験しましたが、業態力が一番強いのは『ラーメン屋』だと感じました。例えば居酒屋の場合、天気が客足に影響を及ぼしますが、ラーメン屋はそれがほとんどありませんでした。収益予測が立てやすいと目論んだんです」(高塚)

 そして2012年、静岡市内に味噌に特化したオリジナルのラーメン屋をオープン。順調に客足を伸ばし、翌年には豚骨専門の2店舗目を、さらに1年後に豚骨醤油ベースの3店舗目をオープン。ラーメン屋経営者として着実に前進していくことになるのです。

 独立から4年目、2015年には4店舗目をオープン……ではなく、新たな思考が高塚の頭を巡りはじめます。それは、「飲食店以外の選択肢」でした。

 「1年に1店舗ずつ増やしていく経営プランを立て、3年で3店舗のラーメン屋をオープンさせました。順調といえば順調ですが……、飲食業界の慢性的な人材不足を痛感していたんです。また、3店舗すべてを静岡市内にオープンしたので、4店舗目はバッティングしないように市外を検討しなければなりません。しかし、効率を考えると市外に出店するのは得策ではないと考えて、ラーメン屋以外に目を向けはじめました」(高塚)

 しかし、当時すでに50歳を超えていた高塚は、オリジナルで新たな業態にチャレンジすることのリスクを懸念します。今まで自動車メーカーと飲食業界の経験しかない高塚が最終的にくだした決断は、フランチャイズに加盟してノウハウを享受することでした。
 「前職時代、事業部としてフランチャイズに加盟していたことから、フランチャイズが身近だったこともひとつの理由でした」(高塚)

社歴の浅さに不安を覚え、FC加盟を保留…

4店舗目をフランチャイズ加盟で検討していたときに出会ったのが、ガッツレンタカーでした。
 「ラーメン屋を運営していて、深刻なのが人材不足です。新たな業種は、ここで苦労したくないと思っていました。幼児教育や介護系にも興味があって資料を請求しましたが、どうしても雇用面で不安を払拭できなくて……。ワンオペ(1人)で運営できるガッツレンタカーに興味を持ちはじめました」(高塚)

 しかし、高塚が住む静岡市は、1人1台は車を所有する「車社会」。彼自身、過去にレンタカーを利用したこともなかったのです。「このエリアで本当にレンタカーの需要はあるのか?」 自問自答を繰り返します。そして行きついた答えは、「時代の変化」でした。
 「私が20〜30代の頃は、車がひとつのステイタスだったんですよね。それなりのお金をかける人も多かったですが、今は“足”として所有する時代。高級志向のユーザーがいる一方で、レンタカーとリースの中間に位置する格安レンタカーの需要は必ずあると感じていました。そんな時代の移り変わりの中で、軽自動車をメインに展開するガッツレンタカーのビジネスは魅力的だったんです」(高塚)

 しかし、高塚が加盟を検討していた2015年は、ガッツレンタカー設立からわずか1年ほど。フランチャイズ事業がスタートしたばかりということで、加盟に至らなかったのです。
 「成功事例が少ない状態で加盟を決めるのは、リスクがあると思ったんです。今でこそガッツ石松さんの看板を見れば、レンタカーを連想するほど認知度も上がってきましたが、当時は、加盟店数の推移も見えなかったので、様子をみさせてもらうことにしたんです」(高塚)

加盟店数、物件etc…問題クリアで、加盟を決意!

加盟を保留にしたことで、2015年出店の計画は足踏み状態に……。とはいえ、ビジネス自体には魅力を感じていたことから、その後もガッツレンタカーの情報収集を続けていたといいます。

 ガッツレンタカーが順調に加盟店を増やしていくタイミングで、保留から半年、高塚も大きな転機を迎えます。
 「出店可能エリアで保留にしていたところもありまして……。当初、静岡市駿河区と“焼津市”だったんですが、私は“静岡市葵区”が希望。それが『焼津インター店』がオープンしたことで、駿河区と“葵区”にエリア分けが変更したんです。懸念点が一つ解消され、さらに気になる存在でした。そうしたらある日、ベストな物件が飛び込んできて。これはチャンスかな、と。」(高塚)

 高塚の加盟への熱が沸点に達します。それから、愛知県の「一宮店」と「名古屋中央店」、蟹江町の「メンテナンス工場」を見学。
 「看板や店構えを実際に見たら、飲食店に通づる部分を感じたんですよね。ドーンと勢いのある看板を見た瞬間、『これはいい! いける!』と思いました」(高塚)

 そうして、ガッツレンタカーのフランチャイズに加盟。2016年4月、「ガッツレンタカー静岡店」をオープンさせるのです。
 「オープンまで不安でしたね。ですが、ラーメン屋にチラシを置いて宣伝したこともあり、オープン時点で予約が14件。これは、加盟店の中で過去最高の数字だったそうです。1週間や1ヶ月の長期利用のお客さまが多いことに加え、その3~4割は延長で利用していただいていることで、ワンオペが実現しています」(高塚)

 その後も順調に売り上げを伸ばし、夏の繁忙期の勢いのまま秋、冬、春と好調をキープしました。
 「1年間の売り上げは、オープン前の収益シミュレーション通り。順調そのもの。ここまでレンタルする車を増やす予定ではなかったほどです」(高塚)

 目標は静岡店を地域1番のお店にすること。その為にまずは、商品価値を最大限まで高めていくことが必要不可欠。いつもきれいで整備が行き届いた車を提供し続けることで、「レンタカー=ガッツレンタカー」と地域の人に思ってもらえる日も遠い未来ではないはずです。

ガッツなら叶えられる

説明会エントリー

インタビューに戻る