仙台青葉店インタビューOWNER INTERVIEW

仙台青葉店インタビュー

「レンタカー事業は、隣の畑」。
建設会社が加盟1年未満で、店舗展開できたワケ

アディコーポレーションは、もともと建設業をメインに展開している秋田県の会社です。2006年のスタート以来、県内はもちろん、東北地方を中心に多くの工事を手がけています。そんな当社がガッツレンタカーのフランチャイズに加盟したのは、創業から10年の月日が流れた2016年5月のことでした。

「創業10年目は、人間でいうと義務教育を終えるくらいの年齢で企業の変革期。ここでひとつ、世の中に貢献できる事業を展開したいという思いがありました。東日本大震災の復興事業や、東京オリンピックの開催もあり、景気が悪いわけではありませんが、これらはあくまで一過性のもの。10年後、20年後を考えたときに、柱となる事業を作っておきたかったんです」(石井)

そんな思いから、日本経済新聞社が主催する「フランチャイズ・ショー」に足を運ぶようになります。しかし、400近いフランチャイズ本部が軒を連ねる中からひとつに絞り込めず、新規事業へのチャレンジは苦戦を強いられます。
「飲食関係をメインに様々な業界の話を聞きましたが、なかなかピンとくる事業がなかったんです。それに飲食はまったく畑違いでハードルが高くて……。話を聞いて終わり、という感じでしたね」(石井)

当社に最大の転機が訪れたのは、2016年年明け早々のこと。フランチャイズ・ショー事務局から届いた「フランチャイズ・ショー2016」の招待状を見た石井が、いままでとは明らかに違うインスピレーションを受けたのです。
「ガッツレンタカーの掲載ページを見た瞬間、ビビっときたんですよね。ショー自体はスケジュールが合わず、結局参加できなかったんですが、ホームページを見たらおもしろそうな事業内容だったので、話だけでも聞いてみたくて問い合わせたのがはじまりです」(石井)

東北地方で初となる「仙台青葉店」がオープン

こうしてガッツレンタカーとの出会いを果たした石井は2016年3月末、本部の開発担当者に会いに宇都宮へ向かいます。
「建設業者も普段からレンタカーを利用するので、事業内容がすぐにイメージできたんですよね。しかも1度借りると長いので、ガッツレンタカーの強みでもある長期レンタルの需要も理解できました。そういう意味では、“隣の畑”ぐらい馴染みある業界だと思いました」(石井)

当時は、ガッツレンタカーのフランチャイズ事業がスタートして1年足らずで、東北地方の出店はゼロ。この現状が石井の加盟意欲を加速させます。
「話をお聞きした時点で、ほぼ加盟するつもりだったんです。すぐに仙台エリアを仮でおさえていただくなど、加盟を前提で検討させていただきました。そして物件探しがスタートしましたが、なかなかイメージ通りの物件が見つからなくて……。それでも粘り強く探したら、大通りに面していて看板も大きく出せる現在の場所を見つけたんです。こうして2017年5月に晴れて本契約させていただきました」(石井)

そして、名古屋本部での10日間の研修、商品となる車の手配や登録作業などを終え、7月21日に「ガッツレンタカー仙台青葉店」をオープンさせるのです。しかしオープン早々、本部も想定しなかった前代未聞の出来事に見舞われることになるとは…。当時の石井は想像もしませんでした。

オープン日の予約ゼロ…!その後は、右肩上がりに

やっとオープンにこぎ着けた仙台青葉店でしたが、オープンの時点で予約はゼロ……! オープン前から10件近い予約が入る店舗もある一方で、ガッツレンタカー加盟店史上、最悪の数字を叩き出してしまうのです。
「オープン当日に3〜5万部のチラシを配布するのがやっとでした。開店準備に追われすぎて、オープン前の宣伝まで手がまわらなかったんです。イメージキャラクターのガッツ石松さんの顔がカバーしてくれるだろうという期待も多少あったんですけどね、現実はそう甘くありませんでした……。とはいえ、東北初出店ということで、地道にやっていくしかないな、と。」(石井)

スロースタートを切った仙台青葉店に、初めて予約が入ったのは、オープン2日目のことでした。
「安堵とは正にこのことでしたね。実はこのお客さま、オープンから1年以上経った現在も継続してレンタルしてくださっているんです。もう神様です(笑)」(石井)

その後順調に予約を重ね、オープンから2ヶ月が経過した頃には、車が足りなくなるくらいに予約が集中。ポスティングなどの販促活動を続けてきたことももちろんありますが、それ以上に売上を底上げしたのが、本部が強みにしているWeb戦略。オープンからある程度の期間が経ったことで、「仙台 レンタカー 格安」と検索した際、上位に表示されるようになっていたのです。

冬になると、仙台はスタッドレスタイヤが必須のエリア。単価アップで売上が右肩上がりに伸びるなど、オープンから半年程度で、損益分岐点に到達します。そのタイミングで当社は、2店舗目オープンの準備に取り掛かることになるのです。

オープンから1年待たずに2号店、3号店をオープン

2店舗目の地として選んだのは、宮城県でも秋田県でもなければ、東北地方でもない栃木県宇都宮エリア。
「本部からご紹介いただいたというのもあるんですが、私自身が宇都宮に7年ほど住んでいたこともあって、これも何かの縁かな、と。マーケティング調査で、レンタカー需要が非常に高いエリアということも分かっていましたので……」(石井)

その読みが、見事的中します。2017年2月のオープンから2ヶ月間で、売上は予想の3割増。1号店のスロースタートとは対照的に、スタートダッシュに成功するのです。それはなぜなのか……? 1号店オープン時から見てきた、開発担当者はこう分析しています。
「競合他社が宇都宮に出店していますが、その店舗が全国1000店舗以上の中で、ベスト10の売上を誇っているんです。ですので、レンタカーのニーズがあること事態は把握していました。2号店は、その読みが大当たりしました」(開発担当者)

この勢いに乗って、2017年5月には3号店となる「仙台駅東口店」をオープン。1号店のオープンから1年にも満たない間に3店舗まで拡大した当社ですが、石井の頭の中には今後の出店計画がすでにあるといいます。
「近いうちに宮城県で1店舗、その後1〜2年以内に群馬県や茨城県などの北関東エリアを充実させたいですね。将来的には、東北地方の各主要都市に出店していきたいと考えています」(石井)

アディコーポレーションは創業から11年が経とうとしています。まだまだ子どもから大人への変革期の中にいる当社ですが、今後もスピードを緩めることなく成長していきます。

ガッツなら叶えられる

説明会エントリー

インタビューに戻る