ドライブ中も紫外線には要注意!

皆様こんにちは。 ガッツレンタカー FC本部です。

 

日差しイラスト/無料イラストなら「イラストAC」

 

ドライブ中でも紫外線対策をしましょう!

紫外線に含まれるUVAは、雲や窓ガラスも通り抜けやすい性質を持っています。

たとえ短時間の乗車だとしても、少しずつお肌にダメージが蓄積していき、シミやソバカスの原因となるので、安心してはいけません!

最近の車のガラスには、「UVカットガラス」が搭載されているものが目立ちます。

オプションなどで付ける方も多いかと思いますが、このUVカットガラス、完全に紫外線をカットしてくれるわけではありません。

フロントガラスであれば、2枚のガラスの間にUVカットする膜を挟んであるので、紫外線カット率が約99%という高い数値です。

しかし、サイドガラスなどは強化ガラスのため、UVカット率はおよそ90%が限度だと言われています。

お肌に届く紫外線がたとえ10%だとしても、ダメージは確実に蓄積されてしまいます。

ですから、ドライブ中の紫外線対策は、とても重要です!

UVカットフィルムやUVカット手袋、日焼け止めを塗るなど対策をして

快適なドライブにしてください♪

最新情報に戻る

TOPへ戻る