長距離運転をする時の注意点

皆様こんにちは。 ガッツレンタカーFC本部です。

 

GWに入り、帰省やお出かけで長距離運転をされる方も多いと思いますが

安全に移動するためにも車を長距離運転する際に重要な点検と注意点を見ていきましょう。

運転の安全度をスマホ診断する新自動車保険、「安全」なら保険料割引も! - iPhone Mania

 

車の点検

・エンジンオイルのチェック
・冷却水のチェック
・ファンベルトの張り・損傷のチェック
・ラジエターのキャップは閉まっているか
・タイヤの溝は減っていないか
・タイヤの空気圧は適正か
・発煙筒は積んでいるか
・ライトは点滅するか
・ブレーキオイルは適量か
・ワイパーのゴムは消耗していないか
・ブレーキはきちんと動作するか

 

事前の走行計画

渋滞による時間のロスを念頭に入れ、余裕を持った走行計画を立てましょう。

 

 

休憩をとる

長時間同じ姿勢で運転していると、立ち上がった後に息苦しくなってしまう、
「エコノミークラス症候群」に陥ってしまう場合があります。

ひざの裏の静脈が圧迫されてできた血栓が肺に到達して呼吸困難になる症状です。
まめに休憩を取り、身体をストレッチするなどして血流をよくしておきましょう。

 

 

ガソリンの補充は余裕を持って

山間部の高速道路ではガソリンスタンドが少ないので、
事前に地図で調べて、ガス欠しないように余裕を持って燃料補給を行ってください。

 

長距離運転は、車にも人にも負荷がかかりますので

事前に準備し、無理のない運転を心がけましょう。

最新情報に戻る

TOPへ戻る